Blog記事一覧 > 未分類 > シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)

シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)

2017.03.03 | Category: 未分類

東海村、ひたちなか市、日立市、那珂市のみなさんこんにちは、東海村志賀接骨院の志賀です。これから春になるといろいろと運動やマラソンなどの大会が多くなりますね、そういう急に走ることが多くなったり、運動量が増えるとおこるスポ-ツ障害でシンスプリントという足のすねの内側に痛みがでる障害があります。ランニングやジャンプ、足関節の強い底背屈を繰り返すことで下腿の筋肉や腱に炎症を起こし痛みを生じたり、ひどくなると疲労骨折まで引き起こされたりします。この症状、進行の程度によってことなります。痛みが準備運動をするとなくなったり、運動中は、痛くなくて終わりになると痛む、運動中に痛む、日常生活に支障が出るくらい歩くと痛むといった症状があります。走ったりするとかかとが地面に接地する際、足関節が急激に底屈しないようにすねの前の前脛骨筋などが強く収縮したり、またすねの後ろのヒラメ筋や後脛骨筋の付着部に強い力が加わり続けたりして出る痛みです。たいていの場合は使い過ぎいわゆるオ-バ-ユ-スが原因です。もし東海村、ひたちなか市、日立市、那珂市にお住まいの方でこのような症状でお困りの方は、いったん練習を休んだり、運動量を少なくして、東海村志賀接骨院で施術すると早期改善します。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松425-3

駐車場

4台あり

予約について

予約優先制とさせていただいております。

休診日

日曜・祝日