Blog記事一覧 > 未分類 > かかとの痛み(骨端症)

かかとの痛み(骨端症)

2016.10.11 | Category: 未分類

ひたちなか市、東海村、日立市、那珂市のみなさんこんにちは、東海村志賀接骨院の志賀です。日に日に涼しくなってきましたね。今の季節は、子供たちはスポ-ツで週末には、試合や練習が多いでしょう。小、中学生ぐらいのスポ-ツをするお子さんで、運動後や朝起きた時などにかかとの後方に痛みが生じるスポ-ツ障害で踵骨骨端症というものがあります。急に強く痛むというよりジ-ンとするような慢性の痛みが特徴です。子供のかかとの骨には骨端核と呼ばれる分裂した骨があります。骨端核の周りには軟骨があり15~16歳でかかとの骨として癒合します。繰り返されるかかと部分でのストレスが原因だといわれています。軟骨成分が多い子供の骨は衝撃にも弱く、アキレス腱による強力な牽引力がかかると軟骨部分では容易に骨がはがれます。ランニングやジャンプ動作などの際にアキレス腱や足底筋膜に牽引されることによって炎症が起こり痛みが出ます。偏平足の場合もかかとに負担がかかりやすくなる傾向があります。衝撃によって傷んだり先端部分に小さな断裂をおこします。もしそのような症状が出てしまった場合は、運動後のアイシングやふくらはぎ、足底筋、アキレス腱の柔軟性を高めたり足底板などを使用したりするのも効果的ですが、やはり一時的に運動を控えてひたちなか市、東海村、日立市、那珂市にお住いの方は、東海村志賀接骨院で治療するのが早期改善につながります。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松425-3

駐車場

4台あり

予約について

予約優先制とさせていただいております。

休診日

日曜・祝日