Blog記事一覧 > 未分類 > 腸脛靭帯炎(ランナ-膝、ランナ-ズニ-)

腸脛靭帯炎(ランナ-膝、ランナ-ズニ-)

2016.10.12 | Category: 未分類

ひたちなか市、東海村、日立市、那珂市のみなさんこんにちは、東海村志賀接骨院の志賀です。これからの季節マラソン大会などにむけてトレ-ニングをしている人やジョギングなど走っている人に多い膝の外側に痛みがくる腸脛靭帯に炎症が起きる腸脛靭帯炎(ランナ-膝、ランナ-ズニ-)というものがあります。ランナ-ズニ-はランニングによる膝の関節周辺の障害全般の総称して使われることもあります。この靭帯は、ひざを曲げ伸ばしたりするたびに前後に移動します。骨盤に付着する大腿筋膜張筋や大殿筋が疲労などで硬くなっているとこの二つの筋肉は腸脛靭帯にくっつくため腸脛靭帯がピンと張った状態になりこのとき膝の外側で骨の突き出た部分を乗り越えて移動するために摩擦が起きる。この摩擦がおこりある程度続くことによって障害がおこるのです。これを腸脛靭帯炎といいます。よほどの重症の腸脛靭帯炎でない限り手術することはありません。炎症や腫れを抑え痛みを緩和する保存療法が主に腸脛靭帯炎の治療法です。スポ-ツマッサ-ジ、アイシング、温熱療法、ストレッチ、テ-ピングなどを行います。腸脛靭帯炎は、太ももの外側の筋肉(大腿筋膜張筋)が緊張により硬くなっていることが原因なことが多いです。O脚の方や足首が内反(内側にひねっている状態)がある方は地面を踏みこむときに足の小指側に体重が乗るため腸脛靭帯に衝撃・緊張が加わりやすくなります。早めに痛みをとるために治療や股関節周囲筋のストレッチなどを行い、慢性化しないように注意してください。ひたちなか市、東海村、日立市、那珂市にお住まいの方は、東海村志賀接骨院で治療すると早期改善します。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松425-3

駐車場

4台あり

予約について

予約優先制とさせていただいております。

休診日

日曜・祝日