ばね指

2016.10.22 | Category: 未分類

ひたちなか市、東海村、那珂市のみなさんこんにちは、東海村志賀接骨院の志賀です。中高年の女性の方に多くみられるばね指を簡単に説明します。指は、腱によって曲げ伸ばしができます。腱の周りには腱鞘という鞘があり腱を包んで擦れて摩擦が生じにくくなっています。それが炎症などで腫れることで通りが悪くなります。ばね指の症状としては、指を曲げて伸ばそうとすると指がばねのようにひっかかってしまいスム-ズに伸びなくなります。ひどい場合は指が曲がったままになってしまい反対の手で戻さないと伸びなくなります。そして曲がった指が元に戻るときに痛みをともないます。好発部位は、親指、中指、薬指などに起きます。指をよく使う方や妊娠中や出産後のホルモンバランスの変化、慢性的な肩こりなどがあり筋肉の柔軟性が低い方、また糖尿病や透析をしている方に起きやすいですが幼少期の子供にも発症します。治療はまず保存療法を行い、使い過ぎが原因で起こる方が多いのでまずはなるべく指を使わないで安静にしておくことが大事です。装具を付けたり包帯などで固定をし指を使えないようにします。病院などでは炎症を鎮めるためにステロイドの注射をしたりします。だいたいは物理療法などで筋肉の過剰な緊張を緩和させます。保存療法で改善がされない方は手術療法が選ばれます。発症してそのままにしておくと慢性化、重症化して日常生活に支障がでてきてしまいますのでひたちなか市、東海村、日立市、那珂市にお住まいの方は、東海村志賀接骨院で早めに治療されると早期改善します。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松425-3

駐車場

4台あり

予約について

予約優先制とさせていただいております。

休診日

日曜・祝日