Blog記事一覧 > 未分類 > アキレス腱炎

アキレス腱炎

2016.10.28 | Category: 未分類

ひたちなか市、東海村、日立市、那珂市のみなさんこんにちは、東海村志賀接骨院の志賀です。アキレス腱炎について簡単に説明したいと思います。アキレス腱は、体中で最大の腱です。これはふくらはぎのかたまりをつくっている腓腹筋とヒラメ筋と踵骨との間を結合している線維帯です。アキレス腱はふくらはぎの筋肉の力を踵骨に伝える大きな役割があります、この腱がなければ人は、つま先立つこともできなければ、走ることもできない。また、階段を上がったり下がったりすることもできないです。アキレス腱炎は、アキレス腱への外傷によっておきます。外傷は、ふくらはぎの筋肉が激しく、または、急に収縮したときにおこりやすいです。腱にはほとんど弾力性がないので腱は収縮することができない。ふくらはぎの筋肉が短くなる結果、アキレス腱に微小な断裂が起こる。この断裂は、急に全力疾走することが必要なスポ-ツで突然に筋肉が収縮する場合に起こるし、持久的なランニングによる摩耗、走りすぎ、ふくらはぎ、アキレス腱の柔軟性低下、回内足、回外足などが原因で発生する。アキレス腱炎は気が付かないうちに発症します、初めはランニングや運動などのあと、だるく,不快な感じがし走りはじめに痛みが強く、少し走ると痛みが軽快するという特徴があります。最初のうちは痛みを押して走ったり、練習したりできますがしだいに痛みが強くなってきます。重度のアキレス腱炎の場合、足首を上下に動かすとその腱炎の部位の摩擦音を指先で感じることができます。最善の治療は、すぐに運動を休止することです。よくなってきたら練習前後のストレッチや運動後のアイシング、回内足、回外足があれば足底板などで矯正をするとよいでしょう。ひたちなか市、東海村、日立市、那珂市にお住まいの方は、東海村志賀接骨院で治療すると適切な処置や早期改善ができます。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松425-3

駐車場

4台あり

予約について

予約優先制とさせていただいております。

休診日

日曜・祝日