足底筋膜炎

足底筋膜炎が治らずお悩みの方は、東海村・ひたちなか市・日立市・那珂市の志賀接骨院にご相談ください

足底筋膜炎とは、足の裏にある「足底筋膜」に炎症が起こり、痛みが生じる現象です。痛みが出る部分は、かかとの少し上辺り。踵骨と足底筋膜がつながっている部分です。朝の起床時に立ち上がり一歩踏み出す際、踵に痛みが生じる場合には、足底筋膜炎が起こっている可能性があります。ぜひ、東海村・ひたちなか市・日立市・那珂市の志賀接骨院にご相談ください。

足底筋膜炎は、足の裏に負荷がかかり、足底筋膜が緊張することで起こりやすくなります。ランニングをされる方、足にフィットしていない靴を履いている方が発症しやすい症状です。病院では、湿布薬やステロイド薬の注射などにとどまり、筋肉の緊張をほぐす具体的な治療が受けられないことが多いです。足底筋膜炎は、まず足の裏にかかっている負荷の原因を突き止め、硬くなった筋肉をほぐしていかなくては根本的な解決につながりません。東海村・ひたちなか市・日立市・那珂市の志賀接骨院で、しっかり治療していきましょう。

足底筋膜炎は、骨格のゆがみやズレが原因で起こることもあります。骨格のバランスが悪いと、足の裏に余分な力がかかるようになり、筋肉が疲労してしまうのです。東海村・ひたちなか市・日立市・那珂市の志賀接骨院では、患者さまからしっかりとお話を伺った上で足底筋膜炎の原因を探り、お一人お一人に最適な治療プランを作成していきます。いつでも気軽にご連絡ください。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松425-3

駐車場

4台あり

予約について

予約優先制とさせていただいております。

休診日

日曜・祝日